※ 興味のある記事をクリック(タップ)してご覧下さい。

<相続相談>

「遺産相続」で被相続人が所有していた賃貸アパートの「賃料収入」や「固定資産税」、「葬儀費用」はどのようにすれば良いのですか

「遺産分割協議」で相続した財産に不具合があったとき、どうしたらよいのでしょうか

◆ 遺産分割における「代償分割」とは何ですか

◆ 相続財産のうち、合意できた分だけ、とりあえず「遺産分割」できますか

◆ 自宅を保有している子が親の実家を相続したらどうすれば良いですか

◆ 不動産の相続登記で「共有登記」はダメですか

◆ 亡くなってから3か月を過ぎると「相続放棄」はできなくなるのですか

◆ 今話題の「配偶者居住権」に落とし穴はないのですか

◆ 相続人の1人が行方不明の場合、遺産分割協議はできますか

◆ 「相続登記の義務化」法案が今国会に提出されます

◆ 離婚して前の配偶者との間に子がいると争族になりますか

◆ 相続で揉めやすい遺産分割の「不平等」とはどのような場合ですか

◆ 相続財産が自宅のみの場合「争族」に発展しやすいのですか

◆ 遺産分割協議が終わって新たな財産が発見された場合どうなるのですか

◆ 固定資産税を「現に所有する者」の申告制度が開始されています

◆ 相続放棄には落とし穴が多いのでご注意を

◆ 親が亡くなった時、親の現金をキャッシュカードで引き出すと問題になりますか

◆ 遺留分を侵害されたらどうすればよいのですか

◆ 配偶者居住権を活用すると相続税の節約になるのですか

◆ 相続による預貯金の名義変更は大変です

◆ 相続発生時、未支給年金の請求で苦戦する場合があります

◆ 新型コロナウィルスは「相続」に何か影響がでますか

◆ 「おしどり贈与」の有効な活用方法はありますか

◆ 円満な相続を行うためのポイントはありますか

◆ 相続に関する民間資格が最近増えています

◆ 配偶者居住権の仮登記が話題となっています

◆ 令和2年4月1日、配偶者居住権が施行されます

◆ 身に覚えのない借金の相続に巻き込まれる突然相続が増えています

◆ 熟年離婚が盛んですが、相続トラブル等の対策も必要です

◆ 「相続登記の義務化」が本格的に動き始めたようです

◆ 長期間相続登記未了の土地相続人に対して、国が登記を促す通知を出し始めました

◆ 7月1日からの相続法改正により、相続登記は早めに行う必要があります

◆ 看護で苦労した長男の妻にも遺産分配の道が開けました

◆ 相続法の改正により「配偶者への自宅の生前贈与」が脚光を浴びています

◆ 7月1日より相続法が大きく改正になります

◆ 不動産の相続による名義変更が義務化される見通し

◆ 親の相続について死角はありませんか。仲の良い親兄弟の一家もご注意を

◆ 約40年ぶりの相続法の大改正が国会審議中です

 

<遺言相談>

◆ 自筆証書遺言の形式面で注意する点はありますか

◆ 遺言書は亡くなってから、「発見される仕掛け」が重要です

◆ 遺言書に書く「特別受益の持ち戻しの免除」とは何ですか

◆ 高齢の単身者が亡くなった時、周囲に迷惑をかけない方法はありますか

◆ 遺言書を書く場合、思いや願いの伝え方に工夫が必要です

◆ 自筆証書遺言の内容に疑問がある場合の対応

◆ 遺言書を書いても遺言者が認知症になった場合、リスクがあることをご存じですか

◆ 配偶者居住権を遺言書で定めるにはどうしたらよいですか

◆ 遺言書を無視して相続人全員で遺産分割協議しても良いですか

◆ 無効な遺言書を書かないようにご注意下さい

◆ 令和2年7月10日より法務局での自筆証書遺言の保管制度が始まります

◆ 親の介護を始める時は、遺言もセットでお考え下さい

◆ 遺言書を作成する場合、遺言執行者の指定をお忘れなく

◆ 遺言書を作っても「相続登記は早い者勝ち」になるのですか

◆ 遺言書を書いておいた方が良い7つのケース

◆ 終活「老後生活を快適に過ごすための法的手段いろいろ」

◆ 相続法の改正による「遺言書の書き方」の注意点

◆ 1月13日より自筆証書遺言の一部がワープロでもOKとなりました

◆ 遺言件数がこの10年で1.5倍に増えています

 

<家族信託>

◆ 障がいを持つ子の「親亡き後問題」への対応方法

◆ 共有名義の不動産を家族信託で有効活用する場合の考慮点

◆ 家族信託は、設定後の毎年の税務申告にもお気を付け下さい

◆ 家族信託で委託者が亡くなった場合の契約の定め方に注意が必要です

◆ 家族信託の「みなし受益者」には注意が必要です