遺言に関するお悩みは、当事務所にご相談下さい。

◆ 法律事務の専門家としての立場のみならず、これまでの社会経験から、ご相談者様に寄り添い親身となって解決策を考えて参りたいと考えています。 初回の相談料は無料ですので、是非、お気軽にご相談下さい。

◆ご依頼される事務が発生した場合は、「作業段取り」「費用お見積り」を丁寧にご説明しますので、ご納得の上ご依頼下さい。

◆公正証書遺言作成の場合、「必要書類のご手配」「遺言文案の作成」「公証人との打合せ段取り手配」「証人2人の就任費用」全て含んで、遺言書作成費用は、公証人手数料を除いて、66,000 (税込み)となります。

公証人手数料は、遺言対象財産の額により公証役場にて計算されます。自宅、病院、施設等で遺言を希望される場合は、出張費用が別途加算されます。戸籍・住民票・固定資産税評価証明書・不動産登記事項証明書等の収集費用は、上記 66,000円の費用以外に別途実費が必要となります。

◆令和2年7月10日より法務局での自筆証書遺言の保管制度が開始しています。制度の概要は、関連のブログ記事をご覧下さい。関連ブログへ

ホームページ内の「ブログ」にも「遺言」に関する話題を多数掲載していますので、ご覧下さい。

◆内容は、クリックしてご覧ください。

1.遺言書の必要性を考えよう。
・遺言とは何か
・遺言がない場合の相続は
・遺言が特に必要となる場合
2.遺言書の種類と特徴。
・自筆証書遺言と公正証書遺言の違い
・自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット、デメリット
・どちらを選んだらよいか
3.自筆証書遺言の作り方と検認手続。
・自筆証書遺言の作成方法
・モデル文案
・検認手続について
4.公正証書遺言の作り方
・公正証書遺言の作成方法
5.遺留分とは何か。
・遺留分減殺請求について
※民法改正により、令和元年7月1日より「遺留分侵害額請求権」
6.当事務所での対応内容と費用
・公正証書遺言にかかる費用
・当事務所に依頼した場合の費用

※ご相談は、名古屋市瑞穂区の村瀨司法書士事務所にお任せください。

◆名古屋市 瑞穂区、熱田区、昭和区、南区、天白区、緑区 等の名古屋市を中心にサービスを提供させて頂いております。お近くの司法書士としてご用命下さい。
◆ご相談時間は、ご予約頂ければ土日祝日でも対応できますのでお問い合わせ下さい。